引越しの手土産

ダンボール

引越しの挨拶には挨拶の品を持っていくのが一般的です。しかしどんな物を手土産にするべきか分からないという方も多いでしょう。引越しの手土産としてよく選ばれる物は、タオル、お菓子、洗剤が多いです。

詳しく見る

忘れがちな手続き

軍手とガムテープ

引越し前や引越し後は作業や挨拶の他にも手続きで忙しいという方が多いと思います。手続きの中には、引越し前にもできるものあるので、事前にしておくと引越しごの負担を減らす事ができます。手続きには期限つきのものもあるので、注意が必要です。

詳しく見る

引越し業者の嬉しいサービス

男女

引越し業者の中には、転居先に渡すご挨拶品を購入できるサービスを行っている所があります。また、友人や親族に送る挨拶状の用意をしてくれる所もあります。このようなサービスを利用する事で引っ越し作業の手間を省く事ができますよ。

詳しく見る

引越しの挨拶の疑問

女性

新しい新居に住むにあたって最初にする事は近所への挨拶ですよね。しかし挨拶といっても、どこまでご挨拶に行くべきか悩みどころだと思います。また、ごあいさつへの品もどんなものが良いのか難しいという点があります。
引越しのあいさつですが、最近は集合住宅が多くなっているので、その場合は、自分の家の両隣に位置する住宅、お向かいの三軒と、できれば後ろの三軒、管理人の方の三つに挨拶をするのが一般的です。アパートのような場合は三軒両隣まで挨拶をするのが良いとされています。家族で引越しをした場合は、近所付き合いがどのようになるのか分からない部分もあるので、挨拶への品物は多めに用意しているのが良いでしょう。
引越しをした際に気になるのは挨拶の時間です。引越しをした際挨拶先の方が全員揃っているというのが理想ですが、各家庭で帰宅時間がバラバラだったり、生活リズムも違うので、訪ねた時に留守という事もあります。挨拶のタイミングとしては、引越しをした当日か、翌日には挨拶に伺うようにしましょう。時間帯も、引越しの時間が遅い場合は、遅い時間の訪問は迷惑になりかねないので、次の日に伺う事をおすすめします。午前中に引越しを終え、留守だった場合は夜に訪問するという事もあるかもしれせんが、その場合はあまり遅くない時間に挨拶に伺うようにしましょう。女性の一人暮らしで引越しをする場合は、引越しの挨拶は控えた方が良いです。なぜなら、引越しの挨拶をする事で、女性の一人暮らしが周りに分かってしまい、危ないのです。犯罪被害の防止という意味でも挨拶は避けるべきです。

Copyright© 2018 引越しの挨拶をして新しい生活に踏み出そう! All Rights Reserved.